バンビ〜ノ! あらすじ ネタバレ 第八話

ドルチェの助っ人を頼まれた伴(松本潤)。厨房で働けることは嬉しくても担当がドルチェということにためらう伴(松本潤)だが,それもひとつの経験だと意気込む。

そんな伴(松本潤)にも関わらずドルチェ担当の織田は伴(松本潤)に見向きもしない。何をすればいいか聞く伴(松本潤)に対し,織田の答えは「何もしなくていい」。

仕事がハードなのも疲れるが,何もさせてもらえないのも辛く,淋しいものだ。

ほとほと困り果てた伴(松本潤)は支配人に相談を持ちかける。そこで織田がバッカナーレで働くようになったいきさつを知った伴(松本潤)は,織田に尊敬の念にも似た思いを抱く。

心機一転。織田の役に立とうと,伴(松本潤)はメレンゲを作る。だが,織田に使い物にならないと捨てられてしまう。それでもめげずに何度もメレンゲを作る伴(松本潤)だが,ことごとく却下。全てダメ。

再び途方に暮れてしまう伴(松本潤)であった。

織田は人付き合いというものが苦手らしい。

だけどそれで諦めてしまう伴(松本潤)ではない。織田のことは好きになれないけれど,そこから何かを学びたいと話していたと思うと,バッカナーレに向かう。

そこで伴(松本潤)が見つけたものは細かく記された織田のレシピ。やっと伴(松本潤)もわかったのではないだろうか。ドルチェが他の料理とは違うという意味を。ドルチェは目分量ではできない。1g違うだけで全く違うものになってしまうのだ。狂いは許されない。

ドルチェというものを少しはわかったのか?誰もいない厨房でドルチェを作り始める伴(松本潤)。バッカナーレの材料を勝手に使っていいのか?ドラマだから許されるのだろう。

特訓の甲斐があったのか,初めて伴(松本潤)の作ったメレンゲが織田に認められた。伴(松本潤)が作ったメレンゲを使ってくれたのだ。

織田と果物の仕入れに出かけたりレシピを見せてもらったり,せっかく打ち解けてきた頃に伴(松本潤)の助っ人期間は終わった。助っ人期間は終わったが,伴(松本潤)もドルチェにも興味をもったらしい。ドルチェ作りに励む。

卒業制作のつもりで織田のレシピを参考に,伴(松本潤)はティラミスを完成させた。なんとそれがお勧めメニューの中に「ティラミス バンビーノ風」として載せられた!これは伴(松本潤)にとってはものすごく嬉しいのではないか。

人とうまく付き合うことができず,口数が極端に少ない織田も伴(松本潤)に心を開き始めたのかもしれない。

次回のバンビ〜ノ!は6月13日の放送。


バンビ〜ノ! あらすじ ネタバレ 第七話

第七話のバンビ〜ノ!では,人の気持ちがテーマになっていた。

野上に期待され始めた様子の伴(松本潤)だったが,結局はまた野上を不機嫌にしてしまう。

「ロボットが笑顔を覚えただけみたい」と。

伴(松本潤)の接客には心がなかったようだ。実際に伴(松本潤)はお客様のことを考えていなかったのだ。伴(松本潤)に見えていたのは野上だけ。野上の前で失敗しないようにと,それだけが伴(松本潤)の頭の中にあった。

人の気持ちを考えるということ。
愛情とは何かを考え始めた伴(松本潤)。

そんなときに伴(松本潤)が出会ったのが,かつてバッカナーレで働いていたという羽山だ。羽山の料理の腕は確かなもので,その腕を買われて他の店に行ったのだが,お客様とのトラブルでその店もやめ,1年間も働かずに暮らしているという。しかもあすかにお金をもらっているのだ。

ひょんなことから羽山を自分の部屋に連れていくことになり,伴(松本潤)は羽山が作ったリゾットを食べることに。伴はその料理の腕は認めるが,男としては好かん!と,九州男児の顔が垣間見えた。

そして伴(松本潤)はバッカナーレで羽山とパスタ対決をすることになった。しかもメニューは羽山がバッカナーレにいたときに考案したというパスタ。誰もが伴(松本潤)が勝つわけはないと思っていた。伴(松本潤)自身も勝てるわけがないと思っていた。羽山も負ける気はしなかっただろう。

結果は…予想通り,羽山の勝利。

味の面では,だが。

伴(松本潤)の作ったパスタは麺が柔らかめで塩は少なめ。それは厨房で働き疲れているみんなのためを思ってのことだった。料理を作っている最中に伴の頭にあったのは勝負のことじゃない。食べてもらう人のことを考えて作っていたのだ。

それが愛情だと気づいた伴(松本潤)。

勝負の結果は伴(松本潤)の負けだが,愛情では伴(松本潤)が勝っていた。

この勝負には感動を覚えた。料理は味ももちろん大事だが,それが全てではない。愛情がこめられたものというのは,本当においしいものだ。そこに嬉しさや喜びが加わるから,それが大きなスパイスになるのだろう。

この勝負は羽山の心も動かしたらしい。「またバッカナーレで頑張ってみるかな」という羽山の言葉に飛鳥は微笑む。

ドルチェ担当の織田のアシスタントを命じられた伴(松本潤)。織田は腕を怪我してしまったのだ。

来週はどんな伴(松本潤)の奮闘ぶりをみることができるだろうか。

次回のバンビ〜ノ!は6月6日の放送。



バンビ〜ノ! あらすじ ネタバレ 第五話

晴れてバッカナーレの社員になったバンビ〜ノ!松本潤演じる伴が言い渡されたのは「ホールで働け」というもの。料理をしに来た伴は戸惑うけれど,それにもちゃんとした理由があるんです。料理を食べるお客さんの気持ちを知るのはとても大事なこと。

接客に欠かしていけないのは笑顔なのに,伴の笑顔はなんて下手くそなのでしょう…。ひきつりまくり!他の従業員に「バンビ,スマイル!」と指摘されるもうまくいかず…。これじゃあおいしい料理もまずくなってしまいそうです。

「私の視界から消えてくれる?」というお客さんである野上の言葉はキツイ。だけど,「その仏頂面を見ていると料理がまずくなる」というのはごもっとも。気分が悪くなりますもんね。この野上,他の従業員も恐れていたほどの上級なお客様みたいです。

厨房で料理がしたい松本潤演じる伴はホールでの仕事に身が入らない。ついにやってしまいました,大失敗!お客さんの前でグラスを思い切り割ってしまいました。

だけどそこでハッピーバースデーソングを歌いだす従業員。誕生日を迎えたお客さんがいたんですね。こんな風にお店に祝ってもらえるなんて最高のプレゼントです。

その後に開かれた伴の歓迎会。「よくあることだから気にするな」という励ましの言葉。与那の言葉は心に染みますね…。バッカナーレのみんな,厳しいだけじゃないじゃないですか。こんなにいい人たちだったのですね。なんだか安心しました。

「伴君にもホールの仕事を好きになってもらいたい」という与那の言葉通り,伴はホールの仕事に馴染むことができるでしょうか?

桑原からの厳しい言葉。だけど桑原の言うとおりです。お金を稼ぐということは簡単じゃありません。好きなことだけをできるわけじゃないんです。そう。大事なのは目の前のあることを一生懸命頑張ること。

これは伴にとっていい教訓になったでしょう。やる気が出てきた伴。気合も入りました。これからもっと成長をはした伴を見ることができそうです。

次回のバンビ〜ノ!は5月23日の放送です。

バンビ〜ノ!第四話 あらすじ ネタバレ

博多に帰ってからの松本潤演じる伴は理恵とデートをするなど楽しそうに見えたけど,やっぱり東京の「バッカナーレ」への思いを断ち切れないようだ。「学校をやめて東京に行きたい,一緒に来てくれないか」と言われた理恵は「そんなの伴ちゃんの勝手だよ!」と怒り出す。普通はそうなりますね。いくら彼氏の夢を理解していて応援していたとしても,いきなり東京についてこいと言われても…ね。

東京まで足を運んで,松本潤演じる伴がヘルプをしていた「バッカナーレ」を訪れた理恵。つい博多弁をこぼすと「つい先日までうちにも博多から来て働いていた人がいた」とのこと。間違いなく伴のことですね。しかも「キレイな目をしたまっすぐないい奴だった。博多に帰ってしまって残念だ」というじゃないですか!びっくりですね。伴のことをそんな評価していたなんて。

それにしてもバンビ〜ノ!のバッカナーレ,簡単に厨房の中を見せてしまうんですね。理由も聞かずに…いいものなのでしょうか?いいんでしょうね,実際に理恵は厨房に案内されましたから。

松本潤演じる伴の母親は理解ある母親ですね。素晴らしいです。とうとう学校をやめて東京に行くことになった伴。この行動力,見習いたいものです。

いよいよ東京での本格的な生活のスタートです。どうなっていくんでしょうか。

次回のバンビ〜ノ!は5月16日の放送です。

バンビ〜ノ!第二話 レビュー

バンビ〜ノ!を見るとお腹が空いてきます。おいしいイタリアンを食べたくてたまらなくなります。きっとそれは私だけではないんだろうなぁ。バンビ〜ノ!の視聴者はそうなりますよね!?

ケガをしてしまった伴。まだやれる,働けると言ってはみたものの,宍戸や厨房のみんなに促され,病院に行くことに。手当てを終えた後,悔し涙を流しながら恋人の恵理に電話。

ここで弱音を吐くのかと思えば,恵理にまで強がりますか…。バンビ〜ノ!の伴は弱さを見せられないようですね。辛いのは自分なのに,恵理に頑張れと言う伴。でも完全には強がれないみたいです。声が震えていますから。

バンビ〜ノ!の「バッカナーレ」での仕事は大変でしょう。だけどその分,やりがいもあり大きく成長できそうな場所ですね。

ケガをして病院にかかるのは伴だけではないようです。それもそのはずです,あの手さばきならいくらプロでも慣れていても,切り傷も作るし腱鞘炎にもなるでしょう。火傷だってするはずです。それでも自分がいないと店が回らないから,休んではいられない。いつか伴もそんな風に「バッカナーレ」にとって,必要な存在になることができるでしょうか。

今回のバンビ〜ノ!では,「バッカナーレ」の従業員の思いやりのようなものを感じることができ,なんだか安心しました。

次回のバンビ〜ノ!は5月2日放送です。


バンビ〜ノ!第一話 感想

始まりました,バンビ〜ノ!イタリアンレストランの裏側は凄まじいですね…。優雅にゆっくり時間が進んでいくように思えるホールの裏側ではまさに戦争状態!目まぐるしいです。小さなイタリア料理店とはわけが違いますね。伴が圧倒されてしまうのもわかります。

それでも最初はパスタには自信があった伴。それも打ち砕かれ…。パスタ自体はおいしいのでしょう。でも,きっと「おいしい」どまりなんでしょうね。鉄幹が求めているのは,もっともっと上のものなんでしょう。

それから皿洗いにまわされてしまう伴。ここでも半端じゃないですね。洗っても洗っても積み重なっていく食器!一般家庭では有り得ません。皿洗いといえでも重労働,筋肉痛どころか重度の腱鞘炎にもなってしまいそうです。あれだけの量を人間が,しかも一人でこなすというのはそもそも無理があるんではないでしょうか(汗)それも修行のひとつなんでしょうか?

厨房で働く誰もが,伴も今までのヘルプと同じようにすぐにギブアップするだろうと考えているけれど,そうもいかないのがバンビ〜ノ!です。バンビ〜ノ!の伴がそう簡単に諦めるわけがありません。

これから伴がどんな成長を見せてくれるのか楽しみですね。バンビ〜ノ!の原作を読んだことがある方も,ドラマのバンビ〜ノ!では本にはないスピード感や迫力があるので十分楽しめると思います(^^)

それにしても「バッカナーレ」の従業員。もう少し優しさのある人はいないのでしょうか(汗)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。